私が不倫をして感じた事

現在32歳の主婦です。夫は2歳年下で30歳、結婚して5年になります。

 

不倫相手の男性とはつい最近関係にピリオドを打ちましたが、55歳で3年間ほど付き合っていました。

 

彼との出会い

私は欧州某国に住んでいるのですが、たまに通訳の仕事をしています。

 

日本から来るクライアントとこちらの企業の担当の間に入って商談やプレゼンの際の通訳をする事が多いのですが、彼はこちらの企業の社員でした。出会った瞬間に「まずいな」と思ったのを今でも覚えています。

 

後にも先にも不倫どころか特定の恋人がいるのに他の事を好きになる事とは無縁の人生でした。

 

夫は年下ですが頼りがいがあり周りからは「おしどり夫婦」と言われていました。

 

それがこの彼にあって握手をした瞬間に、恋に落ちてしまったのだと思います。

 

こちらの男性はとても積極的なので、左手の薬指に指輪をしている私にも猛烈なアタックをしてきました。

 

その日のうちに食事に誘われ、翌々日に食事に行き、次の約束をしました。そしてその日に、深い関係になりました。

 

彼とのデート

彼はシングルだったので、もっぱら平日の昼間、彼の家に行っていました。

 

しかしたまには水族館に行ったり、映画を見に行った事もあります。

 

ただ、こちらは日本のようにラブホテルがないので、結果普通のカップルがするようなデートを堂々としていました。

 

心の中でバレてもいいなと思っていたのかもしれません。

 

彼との関係が夫にバレそうになった時

私は「不倫」していると言う自覚がなくて、彼からの着信やメッセージが沢山入った携帯電話を無防備にリビングのテーブルに置いたりしていました。

 

夫は人の携帯電話を見るような人ではなかったと言うのも理由の一つかも知れません。

 

そんなこんなで関係が三年目に入ったある日、私がお風呂に入っている時に、彼からの着信がありました。

 

あまり友人のいない私の携帯が鳴る事自体が珍しく、夫は思わず携帯を手に取って見てしまったのです。

 

私は彼の名前をそのまま登録していたので、そこにはもちろん名前が出ました。

 

そして、私が電話に出なかったので、彼はその後にメッセージを入れたのですが、それを夫に読まれてしまいました。

 

「いつも君の事を考えている、早く会いたい」と言う内容でした。

 

さすがの夫も私にどういう事かと聞いてきたので、私は「仕事で出会った人に言い寄られている、迷惑だ」みたいに嘘をつきました。

 

夫を失うかも知れないと思った瞬間、恐怖を感じたのです。私はやはり夫が一番大切なのだとやっと気がついたのでした。

 

不倫をして思った事

「不倫」と言うととてもネガティヴで非人道的な行為に思われますが、渦中にいる本人は本当に好きだから恋愛しているだけ、なのです。

 

しかしそんな事を言っていると婚姻システム自体が何の意味も持たなくなりますよね。

 

やはり配偶者がいる人は絶対に裏切ってはいけないし、逆に配偶者を好きになってもあきらめるべき、と自分が経験して思います。

 

それでも好きになってしまったら、配偶者と別れてから関係をすすめるべきだと思います。

 

と言っても、なかなか理性で抑えれないのが恋心ではあるのですが。